フィットネス

40代の自宅筋トレ。失敗しないグッズの選び方とオススメ品を紹介!

更新日:

「家で筋トレでもしてみようか」

そう思ったら即行動です。

あなたのやる気がなくなる前に『筋トレグッズ』を即購入しましょう。

見違える体になって、周りを見返したいですよね。

 

ですがよくあるのが、グッズ選びの失敗。

せっかくやる気を出したのに、グッズ選びに失敗品してしまうと買ったのに長続きせず、
無駄な買い物になってしまいます。

そんな想いはしたくないですよね。

任せてください。

40代からダイエットと筋トレを始めて、ウエストー9.5cm、体重ー8.4kgに成功した私が

あなたが失敗しないための、「オススメ自宅筋トレグッズ」を紹介します。

自宅なら人の目を気にぜず、恥をかくこともなく、初心者でも無理せず自分のペースで始められますよ。

これから私が実際に買ったグッズを紹介しますので、まずはチャレンジしてみましょう。

ちなみにこれらのグッズは誰にでも使いこなすことができるんです。

 

なぜなら私は小学校の時、通知表で「体育2」を取ったほどの運動音痴だからです。

そんなウンチ(運動音痴)の私ができたのですから、あなたにも絶対の自信を持ってお勧めできます。

頑張れば結果は必ず出ます。それでは順に紹介していきますね。

40代の自宅筋トレグッズ プッシュアップバー

腕立て伏せにそもそも筋トレグッズは不要じゃ?

 

「腕立て伏せは床に手をついてやれば十分だからいらないでしょ」

いいえ、それは間違いです。

床に手をついての腕立て伏せは、手首に負担がかかりすぎるために、手首の痛みでトレーニングを続けられなくなるからです。

胸筋を鍛えるための腕立て伏せですが、私は胸筋の限界が来る前に、手首の限界が先に来てしまいトレーニングの回数をこなせませんでした。

 

それがこのプッシュアップバーを使う事で手首の痛みから解放されるんです。

 

しかも通常の腕立て伏せより深く体を沈められるため、1回の運動でより効果的に胸筋を鍛えることができます。

安くて軽くて、効果的。これだけは絶対に買ってください。

 

ただし運動の負荷が増えるので、最初はかなりキツイです。

ですがきつくないトレーニングはやる意味がありません。

最初の壁を超えた人のみが成功できるんです。

運動音痴で通知表の「体育2」という評価で落ち込んだ私でも使えました。

あなたも絶対にできます。今すぐ注文してください。

 

40代の自宅筋トレグッズ  トレーニングチューブ

 

トレーニングチューブはあまり馴染みがないかもしれませんが、これまた軽くて場所を選ばずトレーニングできるので超オススメな優秀グッズです。

例えば、二の腕を鍛えたい時はダンベルよりトレーニングチューブをお勧めします。

理由はダンベルは重量が調整できないタイプを買うと、その重量に慣れてしまえば効果が期待できなくなります。

だからと言って最初から調整できる重たいダンベルを買うと、必ず最大の重量でまず試したくなるんです。

そして必ず腕や肩を痛めます。

慣れないうちはダンベルはやめましょう。

その点トレーニングチューブはゴムの色によって強さを変えられます。
物足りなければゴムをまとめて使えばとてつもなくキツイ負荷をかけられます。

私は未だに2本同時までしかできません。ですが色々な箇所のトレーニングに使えて、なおかつストレッチにも使えます。

トレーニングチューブはタオルで代用可能?

タオルを使ったトレーニングで代用できると思っていませんか?

 

間違いです。

出来ないこともないのですが、タオルはそもそも伸びないので可動域が狭すぎて話になりません。

そもそも日用品でトレーニングというのはオススメできません。

理由はモチベーションを保てないからです。

野球の素振りをしたいのに、家の傘を振り回しても効果的でないのと一緒で、トレーニングはトレーニンググッズを使ってやるのが結局正解です。

何よりグッズを買ったことでやらなきゃと思えます。

家のタオルなんかでやる気は出ません。

こちらも絶対にオススメできます。軽いし場所も取らないので、さっとしまえます。
早速すぐに買ってトレーニングしてみましょう。
こんなにいいものがあったのか!と、目からうろこです。私がそうでした。

私は足でチューブを踏んで、デッドリフト。これをよくやります。

【注意】デッドリフトは正しいフォームの習得が難しいため、動画を参考に、鏡で自分のフォームをチェックしながらやりましょう。

 

デッドリフトは本来バーベルでやるトレーニングですが、チューブならではのメリットで、バーベルなど不要で家で簡単にトレーニングができます。

アホみたいに重くて場所を取るバーベルは家で使うのは現実的ではありませんからね。

 

そもそも本格的なトレーニングをしよう!となったらジムに行くべきで、今回は自宅トレーニンググッズの紹介ですので、本気でマッチョを目指すならジム通いは必須です。

ぶっちゃけ自宅トレーニングは自己流になりがちですから、効率的に短時間で、確実に結果を出したい!というなら最初からジムに通うべきだとは思います。

 

ジムにはジムの利点があります。それはトレーナーがいる事です。

ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

40代の自宅筋トレグッズ  腹筋ローラー

はじめに言っておきます。

腹筋ローラーはかなりキツイです。

しかし40代で軽々とこの腹筋ローラーを使ってコロコロできるようになれば、会社の後輩からすごい!と言われるようになります。

女子社員には腹筋ローラーで鍛えていると言うと『お腹触らせて!』と言われます。嬉しい♫

 

但し自分から腹筋ローラーやってるアピールは絶対してはいけません。
筋トレアピールは、仕事が忙しいアピール、昨日2時間しか寝てないアピールと同様、めちゃくちゃ嫌われます。

 

腹筋ローラーで実はモテるようになる

少し話が逸れますが、腹筋ローラーはモテます。

すぐにはモテません。
まずはダイエットと筋トレを必死に陰でコソコソと頑張ります。

よく失敗するのが、『最近ダイエット始めたんだ』を結果も出ていないのに他人に言う事。
それは絶対にモテません。むしろうざいです。は?勝手にやれば?で終了。

1人で誰にも話さず必死に頑張って、ある程度結果を出す。
そうすると周りが気づき始めます。

 

「あれ、〇〇さん痩せた?」

 

この一言が出たらモテチャンス到来です。

「ああ、最近腹筋ローラーやってるから。」とあくまで聞かれた時に、サラリと言います。

「そうなんだよこの腹見てよー!」なんで腹を出したらセクハラです。モテませんからね。

さらっとひとこと言うだけにしておくと、場合によっては先ほどの『触らせて』が発動しますし、その場では何もなくても、噂が広まります。

『あの人はトレーニングでお腹を凹ませた努力家。カッコイイ』となるのです。

はい以上です。ハードなトレーニングの見返りはとてつもないのです。
やってみる価値はあります。と言うかやらない手はありませんので即試しましょう。

 

自宅筋トレグッズ 腹筋ローラー選びのポイント

今回紹介している自宅筋トレグッズはどれもとにかく安くて、場所を取らないのがテーマです。

ですが粗悪品は掴まないように、安すぎるものは少し疑いの目を持ちましょう。

絶対!腹筋ローラー選びのポイント

腹筋ローラーは膝を床につけて行います。
この際床に膝をじかにつけていると、膝がめちゃくちゃ痛いので必ず膝パッド付きのものを買うようにしましょう。

膝パッドがないと100%後悔します。

 

40代の自宅筋トレグッズ  ヨガマット

「は?筋トレするんだよ。ヨガなんてやんねーよ」

わかっています。ヨガはしません。

いきなりですがこちら


実は最初にオススメするべきだったかもしれない筋トレグッズがヨガマットなのです。

今まで紹介してきたグッズを使うのに、床が固いと体が痛いのでトレーニングを続けられません。

特にフローリングの床だとトレーニングに不向きです。

いくら軽くて持ち運べるプッシュアップバーや腹筋ローラーも床を傷つけてしまいます。

 

これらの問題はヨガマットを使えば解消できます。

ですので自宅筋トレにはヨガマットは必須ですね。

もちろん畳の部屋にも必須です。
畳の上で腹筋ローラーなんてやったら...わかりますよね?

じゅうたんやカーペットがあるのでヨガマットは不要?

これも間違いです。

フローリングより確かに体の痛みは少ないでしょう。
しかしそれはフローリングと比べての事。

カーペットが敷いてあっても体はめちゃくちゃ痛いです。
カーペットの上で寝て快適ですか?痛いですよね。

ヨガマットの利点はクッションの厚みです。

ぺらぺらの安いヨガマットはお話になりませんが、しっかりと肉厚と書かれたものを購入すれば間違いなく快適にトレーニングができます。

ヨガマットは必須ですので体と床のために購入しましょう。
最低でも厚さ10mmのものをオススメします。

 

自宅筋トレグッズでこっそり成果をあげよう

今回紹介したこれらのグッズをまずは使ってみましょう。

通知表でなかなかお目にかかれない【体育2】を取った私でさえも使いこなせましたから、あとはあなたの行動力次第です。

全部一気に揃えるのもいいですし、一つづつ揃えるのも良いでしょう。
(ヨガマットは必ず使ったほうがいいので必須です。)

ですがこれくらいのグッズは一気に今から揃えて、早速色々と始めてみるべきです。
何より迷っている時間がもったいないです。

私が効果を時間できたので間違いなくオススメできます。

他には食事制限、プロテインやサプリ、加圧グッズなども併用していますが、ひとまず自宅グッズを揃えて体を動かすのが前提です。

その上でサプリは必須になってきますがサプリ飲むだけで筋肉はバキバキにはなりませんし、スリムにもなりません。

いいですか、まずはトレーニングです。

「あれ、〇〇さん痩せた?」

この一言は、あなたの努力以外には得ることはできませんよ。

 

 

それでも若干近道?しながら効果を出す方法がないわけではいのですが。
どうしても楽したいなら少し教えます。けどトレーニングも絶対してくださいね。

筋トレなくては、魔法のような効果は期待できません。

 

ちょっと近道するためのアイテムを見てみる。

ベルタ

『ビルドメイク24』

【心理学×栄養学が導いたダイエットの答え→”ガウビケス”】

 

-フィットネス

Copyright© 今さら今から今すぐに , 2018 All Rights Reserved.