フィットネス 食べ物

ファミマのサラダチキン「3種のハーブ&スパイス」がおいしすぎる!一体どんな味?

更新日:

サラダチキン3種のハーブ&スパイス(258円)

ファミマサラダチキンシリーズ、皆さんはどの味がお好みでしょうか。今回はファミマ3種のハーブ&スパイス味の紹介なのですが、3種のハーブ&スパイスの発売日は2016年6月28日で、もう2年近く発売され続けているロングセラー商品ですね。とてもおいしいんです。

それでは改めて3種のハーブ&スパイスのおいしさに迫っていきたいと思います。

 

サラダチキン3種のハーブ&スパイスは
爽やかハーブがマッチしておいしい

サラダチキンは健康的にダイエットしたい方や、カロリーを抑えてタンパク質をしっかりとりたい方にうってつけの食べ物で、昨今の健康ブームの中で誕生した大ヒット商品です。

今回紹介するハーブと胡椒をトッピングしたファミマ3種のハーブ&スパイス、本当に美味しいです。

よくハーブを使った商品は女性好み、などと言われることも多いのですが、女性はもちろん男性にもきっと満足できる味です。

大手コンビニ各社(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ)全て、プレーン味とハーブ味を発売しているのも人気がある証拠です。

その中でもファミマ3種のハーブ&スパイスは、しっかりとハーブの味が効いていて、シンプルな鶏肉の味を引き立たせるベストマッチな味付けだと言えます。

各社いろいろな味を次々と発売してくるのですが、やっぱり定番のハーブ味は超えられないですね。本当においしいです。

 

3種のハーブについて

ファミマサラダチキン3種のハーブ&スパイスにはバジル、パセリ、ローズマリーの3種類のハーブが使われています。

バジルはインド原産のシソ科のハーブで、鎮静作用などがあると言われています。バジルといったらマルゲリータピザを連想してしまいます。トマトとの相性は本当に良いですよね。

パセリはセリ科のハーブで、世界で最も使われているハーブの1つ。古代ローマ時代から料理に用いられているんだとか。パセリはファミレスなどで肉料理などの添え物で出てきますよね。ビタミンなどの含有量は野菜の中でもトップクラスとの事。

ローズマリーは地中海沿岸の原産でシソ科のハーブです。抗酸化作用があると言われているので、美容効果が期待できます。ローズマリーと言えばハーブティーとしても人気がありますよね。

いずれもサラダチキンを美味しくしてくれる素晴らしいハーブですね。

他の野菜と食べる事でさらにヘルシーで栄養も取れますよ。

3種のハーブ&スパイスの成分

サラダチキン3種のハーブ&スパイスの成分 1食110g当たり

  • エネルギー 133kcal
  • たんぱく質 26.1g
  • 脂質 2.6g
  • 炭水化物 1.2g
  • ナトリウム 596g

たんぱく質26.1gはとても良いですね。

まとめ

ファミマのサラダチキン3種のハーブ&スパイス(258円)はバジル、パセリ、ローズマリーを使った爽やかな味がとてもおいしいサラダチキンの大定番。

たんぱく質 26.1gで大満足。他の野菜と合わせて食べればさらにおいしさアップ。

 

いかがでしたか?サラダチキンを食べてみたい、と思ったらまずはプレーン味か、ハーブ味を食べてみることをお勧めします。大手コンビニであればこの2つの味は必ず置いてありますのでぜひ食べて見てください。とてもおいしいです。

 

-フィットネス, 食べ物

Copyright© 今さら今から今すぐに , 2018 All Rights Reserved.