限定車

FIAT500 限定車情報 Tropicaleは赤サンゴ色で235万(2018.7月発売)

更新日:

fiat500限定車引用元:FIAT公式

2018年7月の限定車Tropicale(トロピカーレ)はコーラルレッド(限定車専用色)という赤サンゴ色の元気でかわいいボディカラーです。

限定車は1200ccが多いのですが、今回のTropicale(トロピカーレ)も1200ccです。

900ccのツインエア(ターボエンジン)は非搭載になりますね。

現在のモデルは純正オーディオの「Uconnect」が新型になり、Apple CarPlay及びAndroid Auto対応であなたのスマホの画面がチンクのオーディオ画面に映し出される仕様なのですが、Tropicale(トロピカーレ)は旧型のタイプです。

ちょっと残念ですね..。

 

しかしの限定車Tropicale(トロピカーレ)は、綺麗な限定カラーのコーラルレッドが特徴のお得な限定車です。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

ちなみにTropicale(トロピカーレ)はイタリア語で「熱帯」という意味ですよ。

 

FIAT500限定車 Tropicale(トロピカーレ)詳細

価格:

500 Tropicale  235万円(税込)

500Cの発売はありません。

 

発売日:

500 Tropicale  7月14日

 

カラー:

コーラルレッド(限定車専用色)

ダッシュパネルももちろんコーラルレッドですね。

 

限定数:

500 Tropicale  150台

 

オーディオ:

旧型Uconnect(Apple CarPlay及びAndroid Auto非対応)

今から買うなら新型Uconnectにして欲しいですよね。

 

エンジン種類:

直列4気筒 SOHC 8バルブ(可変バルブタイミング付)1240cc

限定車はなぜかツインエア(ターボ)が少ないですね。
しかしツインエアに比べて振動やエンジン音は静かですよ。

 

トランスミッション:

ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)
今回はMTはなしです。

 

シート:

ファブリックコーラル・限定車専用色

fiat500限定車
引用元:FIAT公式

かわいいチェック柄のファブリック。最高ですね。チンクには必要です。

 

特別装備:

リアプライバシーガラス

fiat500限定車
引用元:FIAT公式

 

14スポーク Vデザイン 15インチアルミホイール+ 185/55R15 タイヤ

fiat500限定車
引用元:FIAT公式

Tropicale(トロピカーレ)にはSuper Popなどでたまに見かける中央がメッキのホイールキャップも似合うと思いますが、アルミホイールも当然ハマりますね。

輸入車には珍しい?リアプライバシーガラスが今回の特別装備です。

 

FIAT500限定車 Tropicale(トロピカーレ)は買い?

 

ズバリTropicale(トロピカーレ)の色味。これがハマれば買いでしょう。
値段からいえば装備も充実ですしね。

実際の色味はというとこんな感じです。

フロントは通常モデルのラウンジ顔でメッキパーツとバイキセノンヘッドライト(光軸自動補正式)を装備しています。

そして画像を見て気づいたでしょうか。屋根が黒い。

ということは、ガラスルーフ付きですねTropicale(トロピカーレ)は。

1200ccエンジンは落ち着いた走りが楽しめます。
女性には1200ccを好む方が多いようですよ。

シートもインパネもコーラルレッドでトータルコーディネートも完璧。

春から夏にかけて似合いそうな色ですね。

カフェや海辺に停まっていたら、思わず見とれてしまいます。

日差しを浴びて走りたくなるようなカラーですね。

 

それにしても毎回FIAT500の限定車が出るたびにあれもいいな、これもいいな、となってしまい悩ましいですよね。

個人的にはアニベルサリオの“グリーンティーリーフ”が装備、カラーと最高にカワイイ!1台でした(現在売り切れ)
FIAT500限定車アニベルサリオ(完売)

このビンテージホイールとレトロなボディカラーが最高だと思いませんか?
実写の色合いも最高です。

ですがエンジンが1200ccのノンターボだったのが残念。

ツインエアに乗った時の元気な走りとうるさい(褒め言葉)エンジン音が忘れられないので、乗るならどうしてもツインエアが欲しいんです。

もちろん今回のTropicale(トロピカーレ)の1200ccのエンジンも静かで気持ちい走りをします。

FIAT500を買う際には絶対ノンターボとターボの両方を試乗してからの方がいいですよ。

全くキャラが違うので、好みが分かれるでしょうが、買ってからあっちにしておけばよかった..。なんてことがないように、試乗は絶対必要ですよ!

というわけで今回の限定車Tropicale(トロピカーレ)どうでしたか?

そろそろあなただけのFIAT500を手に入れてみては?

最近は車の査定もますます簡単になりまして、スマホで撮るだけ、車が売れるでおなじみのDMM AUTOなら、納得できる価格ですばやくラクに今乗っているクルマを売ることができます。

DMMって手広くビジネスを手がけていますよね。
DMM英会話もそうですし、証券やゲームなども有名ですよね。

そんなDMMが展開する「DMM AUTO」は全国のクルマユーザーを対象に店舗を持たず査定・売却を Web・アプリで完結できるサービスを提供しています。

アナログな時代はいよいよ終わりですね。
近所の車屋さんやディーラーを回ってあなたの愛車の買取価格を聞いて回っても、安い値段を提示されて嫌な気持ちになって...。

一軒一軒時間がかかるし、そういう行動って何より非効率です。

休みの日を使って、車を洗って、近所の車屋さんを探して...。
はっきり言ってメンドくさすぎです。

それにクルマの知識が少ない方や、初めて売却される方だとお店の人のいいなりになりそうじゃないですか。
足元を見られるっていうか...。

でもネット上の最新のマーケットデータを解析することで、高価格な査定金額を即提示してくれるんです。

もちろん売るか売らないかはあなたの自由です。
車屋さんと対面するわけじゃないので、ゆっくり1人で考えられるから安心して利用できます。

買取店とかのお店の人って結構強引なんですよね。

ちょっと思いつきで査定してもらっただけなのに、
「今日置いていってくれ。そうすれば高くする」とか平気で言ってきますからね。
今この場で売れるわけないだろっていう...。何考えてるんでしょうね。怖いんですよ強引で。


今すぐサインして車、置いていってくださいよ!ほら!」

 

ですからスマホで査定なら、1人で気楽だし変なプレッシャーもありませんから、とりあえず自分の車の値段を知っておきたい時は本当に便利です。

DMM AUTOを調べるにはコチラ↓
スマホで撮るだけ、車が売れるDMM AUTO

 

査定に必要な画像は

①車の画像
②走行距離の画像
③車検証の画像

この3枚を撮ればOK。

車検証も撮影するから所有者がはっきりしますので、ご近所のあの高級車は一体いくらになるんだろう、と勝手に写真を撮って査定に出すことはできませんよ(笑)

 

価格はリアルタイムで買取相場を調べた上で可能な限り高く買い取ってくれます。

価格は査定から1週間有効なのでもし売りたくて、実際に売ったら「あの時と今日は違います」なんて言われなくて済みますね。

逆に言えば1週間後に再査定すれば値段が上がることもあるでしょうから、価格に不満だったら1週間後に再チャレンジするのもいいかもしれませんよ。

 

中古車屋のおじさんだったらここまでリアルタイムを反映して査定をしてくれません。

中古車屋のおじさんの気分によって価格が変わったりすることはあるでしょう(笑)

 

新しいFIAT500を手に入れるにあたって、今の車の買取価格も購入資金のうちに入るでしょうから、少しでも高く買取した方が損しませんからね。

まだしばらくFIAT500を買うのは先だ、としても今の車の価格をひとまず知っておくってのは必要ですよ。

次の車は絶対にチンク!ですよね。

 

買取価格にがっかりするか、それとも意外にも高値なのか。

近いうちにFIAT500を手に入れるために、ひとまず買取査定をしておくことをお勧めします。

もしとんでもなく高い値段がつけば、すぐにでもFIAT500買えちゃうかもしれませんよ。

ワクワクですよね。車の値段は常に変動しますし、あなたの車がよほどのビンテージカーでない限り、今が1番高い買取価格なのは間違いありませんよ。どうせ売るなら損したくないですよね。

実際にDMM AUTOで査定してみました。超簡単でした。

今すぐ試しに買取査定だけしてみるにはこちら↓
撮るだけ査定、納得価格のDMM AUTO

オススメ記事

-限定車

Copyright© 今さら今から今すぐに , 2019 All Rights Reserved.