お役立ち

FIAT 500の純正オーディオがCar Play対応に劇的チェンジ!

更新日:


引用元:FIAT500公式サイト

FIAT500(チンクエチェント)の弱点だったオーディオ。

液晶もなかった地味なオーディオが、現行型FIAT500にマイナーチェンジした際に、遂にオーディオ「Uconnect(ユーコネクト)」が液晶モニターになり、あなたも「おっ。ついにナビが付いたか」と思ったのではないでしょうか。

 

しかしこの「Uconnect(ユーコネクト)」は実はナビは非搭載...。

ただの液晶付き(しかも今時5インチ)bluetoothオーディオでした。
正直がっかりしたのを覚えています。

しかも「Uconnect(ユーコネクト)」が今更ですよ、この時代にbluetoothをウリにしていたのには寒気がしました。

 

だって2018年モデルの自動車で、bluetoothついていない新車ってどのメーカー見てもなかなかないですよね?

それがついにこの秋からApple CarPlay及びAndroid Auto対応の新型、いや「真」型「Uconnect」に生まれ変わりました。

液晶サイズも7インチへグレードアップ。

やっとですよ。今まではナビをつける場所がなく、後付けのポータブルナビだとせっかくのおしゃれな車が台無しでした。

そんなウイークポイントを新型Uconnectでやっと克服したFIAT 500について紹介していきます。

 

FIAT500 新型 Uconnect の特徴

 


引用元:FIAT500公式サイト

純正オーディオ「新型Uconnect」の新旧比較:ココが変わった

液晶サイズ
旧:5インチ
新:7インチ

Apple CarPlay
旧:非対応
新:対応

Android Auto
旧:非対応
新:対応

画面大型化も嬉しいポイントですが、何と言っても目玉はApple CarPlay及びAndroid Auto対応ですね。

Apple CarPlayやAndroid Autoを知らない方に次項で説明します。

 

暑い夏の必需品のサンシェードは購入しましたか?

「新型Uconnect」Apple CarPlay&Android Auto対応とは?

お手持ちのスマホをケーブルでつないで「Uconnect」の液晶画面にスマホの画面を表示。

液晶モニタがスマホの画面になります。
ということは、あなたのアプリがFIAT500のオーディオパネルから動かせるんです。

siriでMAPの行き先を伝えたり、Musicライブラリを呼び出してプレイさせることも可能です。

素晴らしいですね。

実はこの技術はもう何年も前からあるのですが、日本企業はなかなか純正品で採用しません。

 

日本のオーディオメーカーなどとの力関係なのでしょうかね。
時代遅れのうん十万するナビを買わされて、無料更新期間が終わってソフトが古くなれば、地図の更新は有料です。

一方スマホのyahooカーナビやグーグルマップなどは常に最新の状態に地図が無料で更新されています。

いい加減国産車もApple CarPlayやAndroid Auto対応品をどんどんラインナップに加えるべきですね。

 

そう言えば今までかたくなにApple CarPlayやAndroid Autoの対応を拒んできたトヨタも2018年以降は対応していくようですから、トヨタがアクションを起こせば日本車もいよいよ普及が期待出来そうですね。

こちらはパイオニアのApple CarPlay&Android Auto対応ナビ
今すぐ愛車をApple CarPlay&Android Autoに対応させたいならこちらがおすすめです。

 

FIAT500 新型「Uconnect」まとめ

2018年秋モデルからFIAT500のオーディオ「Uconnect」がApple CarPlay&Android Autoに対応する新型「Uconnect」を搭載

これでgoogle map(AppleもApple CarPlayのアプリとして動くようになります)が使えるようになり、音楽アプリや、siriも使えるようになります。

FIAT500が欲しいのに、ナビがなくて購入をためらっていたあなたの背中を押す決め手になるかもしれませんね。

というわけでチンクエチェント、かなりいい具合に進化してきたわけで、そろそろあなただけのFIAT500を手に入れたくなったんじゃないですか。

最近は車の査定もますます簡単になりまして、スマホで撮るだけ、車が売れるでおなじみのDMM AUTOなら、納得できる価格ですばやくラクに今乗っているクルマを売ることができます。

DMMって手広くビジネスを手がけていますよね。
DMM英会話もそうですし、証券やゲームなども有名ですよね。

そんなDMMが展開する「DMM AUTO」は全国のクルマユーザーを対象に店舗を持たず査定・売却を Web・アプリで完結できるサービスを提供しています。

アナログな時代はいよいよ終わりですね。
近所の車屋さんやディーラーを回ってあなたの愛車の買取価格を聞いて回っても、安い値段を提示されて嫌な気持ちになって...。

一軒一軒時間がかかるし、そういう行動って何より非効率です。

休みの日を使って、車を洗って、近所の車屋さんを探して...。
はっきり言ってメンドくさすぎです。

それにクルマの知識が少ない方や、初めて売却される方だとお店の人のいいなりになりそうじゃないですか。
足元を見られるっていうか...。

でもネット上の最新のマーケットデータを解析することで、高価格な査定金額を即提示してくれるんです。

もちろん売るか売らないかはあなたの自由です。
車屋さんと対面するわけじゃないので、ゆっくり1人で考えられるから安心して利用できます。

買取店とかのお店の人って結構強引なんですよね。

ちょっと思いつきで査定してもらっただけなのに、
「今日置いていってくれ。そうすれば高くする」とか平気で言ってきますからね。
今この場で売れるわけないだろっていう...。何考えてるんでしょうね。怖いんですよ強引で。


今すぐサインして車、置いていってくださいよ!ほら!」

 

ですからスマホで査定なら、1人で気楽だし変なプレッシャーもありませんから、とりあえず自分の車の値段を知っておきたい時は本当に便利です。

DMM AUTOを調べるにはコチラ↓
スマホで撮るだけ、車が売れるDMM AUTO

 

査定に必要な画像は

①車の画像
②走行距離の画像
③車検証の画像

この3枚を撮ればOK。

車検証も撮影するから所有者がはっきりしますので、ご近所のあの高級車は一体いくらになるんだろう、と勝手に写真を撮って査定に出すことはできませんよ(笑)

 

価格はリアルタイムで買取相場を調べた上で可能な限り高く買い取ってくれます。

価格は査定から1週間有効なのでもし売りたくて、実際に売ったら「あの時と今日は違います」なんて言われなくて済みますね。

逆に言えば1週間後に再査定すれば値段が上がることもあるでしょうから、価格に不満だったら1週間後に再チャレンジするのもいいかもしれませんよ。

 

中古車屋のおじさんだったらここまでリアルタイムを反映して査定をしてくれません。

中古車屋のおじさんの気分によって価格が変わったりすることはあるでしょう(笑)

 

新しいFIAT500を手に入れるにあたって、今の車の買取価格も購入資金のうちに入るでしょうから、少しでも高く買取した方が損しませんからね。

まだしばらくFIAT500を買うのは先だ、としても今の車の価格をひとまず知っておくってのは必要ですよ。

次の車は絶対にチンク!ですよね。

 

買取価格にがっかりするか、それとも意外にも高値なのか。

近いうちにFIAT500を手に入れるために、ひとまず買取査定をしておくことをお勧めします。

もしとんでもなく高い値段がつけば、すぐにでもFIAT500買えちゃうかもしれませんよ。

ワクワクですよね。車の値段は常に変動しますし、あなたの車がよほどのビンテージカーでない限り、今が1番高い買取価格なのは間違いありませんよ。どうせ売るなら損したくないですよね。

 

気になったら下の記事をご覧ください。実際 にDMM AUTOで査定してみました。
あまりにも簡単に買取価格がすぐに表示されて面白いです。
今なら無料だし、やらない理由がないですね。

今すぐ試しに無料で買取査定してみるにはこちら↓

撮るだけ査定、納得価格のDMM AUTO

 

 

 


fiat500限定車
FIAT500 限定車情報 Tropicaleは赤サンゴ色で235万(2018.7月発売)

引用元:FIAT公式 2018年7月の限定車Tropicale(トロピカーレ)はコーラルレッド(限定車専用色)という赤サンゴ色の元気でかわいいボディカラーです。 限定車は1200ccが多いのですが、今 ...

続きを見る


FIAT500 限定車情報 Zaffiroはツインエアで269万(2018年10月発売)

引用元:FIAT公式 2018年10月の限定車Zaffiroはエピック ブルー (限定車専用色)というサファイアをイメージしたボディカラーです。 限定車は1200ccのノンターボが多いのですが、今回は ...

続きを見る

 

オススメ記事

-お役立ち

Copyright© 今さら今から今すぐに , 2018 All Rights Reserved.