限定車

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない【悲報】

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない
MAZDA3 セダン パーフォレーションレザー(ホワイト)

引用元:マツダ公式ホームページ

 

 

車選びでこだわりがある人が必ずぶち当たる壁。

 

それは、思い通りのオプションや装備が、自分の欲しい車両で選択できない。というもの。

 

MAZDA3も例外ではなく、今回着目したのは内装。

最近のマツダお得意のホワイトレザーシートが、なんとファストバックでは選べないという衝撃。
あなたはホワイト内装が選べるようになるのを待ちますか?それとも妥協しますか?

 

 

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない【悲報】

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない

MAZDA3 セダン パーフォレーションレザー(ホワイト)

引用元:マツダ公式ホームページ

 

 

セダンでもホワイトシートを選択できるのはLパッケージ

 

セダンにはプロアクティブLパッケージの2種類があり、Lパッケージが上位グレードです。

これは仕方ないとしても、ファストバックに設定がないのが悲しすぎます。

ファストバックでホワイトシート、欲しいですよね。

 

 

逆にセダンではバーガンディーシートが選べない

 

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない

MAZDA3 ファストバック パーフォレーションレザー(レッド)

引用元:マツダ公式ホームページ

 

 

これまた悩ましい、、、バーガンディーシートのセダンに乗りたいですよね?

何故選択できないのでしょうか?

 

さらにはポリメタルグレーの外装カラーもセダンでは選べません。

 

 

マツダ3のセダンにはMTがない

 

MAZDA3はセダンでマニュアル車を選ぶことはできません。

 

ファストバックも1.5リッターのガソリンか、スカイアクティブXでしか選択できません。

どうも色々と、あなたの好み通りのマツダ3は手に入らないようです。

 

 

MAZDA3のシートの色にこだわるなら待つべきか?

最近のマツダ車は特別仕様の内装色の限定車をよく発売しますので、ファストバックでホワイト内装、あるいはセダンでバーガンディーセレクションが発売するかもしれませんよね。

 

どうしてもこだわるなら、発売したばかりのマツダ3ですから、この先に特別仕様車モデルでしょうし、年次改良でシートカラーの選択肢が広がるかもしれませんので待つのもありかもしれませんね。

 

あるいは、もう少し待ってCX30がリリースされるまで様子見するのもありかもしれません。

MAZDA3のホワイトシートはセダンでしか選べない

MAZDA CX-30

引用元:マツダ公式ホームページ

 

CX-30はホワイトレザーが選べそうです。

車のタイプは変わってしまいますが、これならマツダ3では叶わないポリメタルグレーのホワイトレザーなどが選べるかもしれませんし、マツダ3よりも後席に余裕があります。何より年内発売であれば、すぐにマツダ3と比較できるので選択肢としてはアリだと思います。

どのみちスカイアクティブX狙いだと、2019年の10月発売予定なので納車は2020年になるでしょうから、CX30を見てからでも遅くはないかもしれません。

 

思い通りにいかないマツダ3の内装カラーやトランスミッションなどの選択肢。

とはいえ超絶に魅力的な車ですから、買うならこだわりの1台にしたいものです。筆者はサンルーフがどうしても欲しいですが、最上級グレードでしか選べないのも悩みのタネです。

 

マツダ3のサンルーフはスカイアクティブXしか選択できない【悲報】

ディーラーに騙されて損なんてしてたまるか!

 

車の下取りで大損する時代は終わった。

 

車を売る手続きは色々と面倒なのでディーラーに任せようとしていませんか。
はっきり言って「ぼったくられておしまい」です。
以前の私もそうでした。

「ディーラーが言うのだから間違いない」そんな根拠のない考えを勝手に持っていたために、普通に下取りで10万単位の損をしました。

 

今は時代も変わり、手間も時間もかけずにスマホアプリで車の査定ができるようになりました。
もうぼったくられることは2度とありませんよ。

電話や車の掃除はなど面倒な準備は一切必要ありません。
営業マンとの面倒な駆け引きも一切ナシ。会話、電話、ゼロ。
当然スマホアプリも無料ですよ。

 

とりあえず無料で今の査定額だけでも知っておくと、MAZDA3を買うのにあといくら必要かが分かりますよね。
家にいながら査定できるので最高です。

 

査定金額が出るまではたった3ステップ。時間にしてわずか10分くらいです。
洗車や車内清掃なんて全く必要ナシ。
24時間利用可能です。

 

1、車検証を手元に置く

ディーラーで査定するにも、買取店でも、とにかく車検証がなければ年式や型番、所有者などの情報がわかりません。

車からまずはこの車検証を取り出します。どこかへ無くしたりしていませんか?

 

2、スマホを用意する

スマホがないとこればっかりは話になりません。もしガラケーでしたら、家族のスマホを借りて下さい。

ただ、スマホって家族といえども貸したくないですけどね(笑)

 

3、無料アプリを使って査定する

英会話や証券などで有名なDMM.COMが運営する車買取アプリdmmオート(完全無料)をスマホにダウンロードします。

全てのスマホにそれぞれ対応したアプリが必要ですが、パソコンは非対応です。
アプリはこちらからダウンロードすれば対応したアプリが落とせますので、まずはどうぞ。

>>DMMオート
※完全無料で即金額表示

 

詳しいやり方は以下の記事で紹介しますが、アプリをダウンロードしたらやることは超簡単。

 

これ全部やって10分かかりません(笑)

詳しくはこちらの記事で解説しています。実際に筆者が使ってみたので参考にしてください。
>>DMM AUTOの査定のやり方を公式よりも詳しく解説。実際やってみた

 

これだけです。車の撮影なんて言っても斜め前からスマホカメラでテキトーに1枚撮るだけ。あとは走行距離メーターと車検証を撮って送信。はい終了!

 

 

すぐに査定額が出ます。当然売らなくて良いので、そこで一旦終了しましょう。
どうでした?簡単ですよね。満足いく金額は出ましたでしょうか。

 

 

あとは査定金額を元にディーラーや買取店と交渉してもいいし、ネットの一括査定もしてみて、比較するもよし。(一括査定はその後、買取店から電話が来たりしてちょっとうざいです。)

一括査定を試してみたい方はこちらからどうそ。
>>【JADRI公式】一括査定.com

ひとまず家にいながら無料で、誰とも喋らず、秒速で査定額がわかるのが最高です。いちいちお店に出向くのとかってだるすぎませんか。アプリなら夜中でも早朝でも、いつでも査定可能ですので気軽です。

 

「査定が出て、今すぐ売る!と表示されたんだけど売らなきゃまずいの?」

全く必要ありません。査定金額だけ確認したらアプリを閉じましょう。

「メールとか、営業電話とかない?」

ありません。ただの一通のメールもないので寂しいくらいです。(笑)

「売る時になって金額って変わるんじゃないの?」

査定金額の保証は一週間です。
売却額はその場で確定なので、実際に引き取りに来てもらった時に金額が変わることはないです。

活用するメリットとしては、金額は何も下方修正ばかりではないという事。
私は再び査定したら1万アップしていました。まさに相場が動いていることの証拠です。
自分の愛車の値段が上下して、まるで株のチャートみたいで楽しいですよ。

 

 

アプリを使う目的は得をするためです。

 

オススメしているのはとりあえず金額だけ確認しておこう、ということです。
その場で売ることが目的ではないです。
査定金額がわかっていれば、買取店やディーラーとの駆け引きにもあなたが負けることは決してありませんから。

 

 

MAZDA3、あなたなら何色のどのグレードを買いますか?

マツダ3を安く買う

私はファストバックのポリメタルグレー、どうせならバーガンディセレクションのサンルーフ付きが欲しいです。
いわゆる「いっちゃんええやつ」です。
と思っていたけど、15Sでも十分ですよね。迷うなあ。

どのモデルを買うにせよ、そのためにも少しでも車を高く売らなきゃいけません。

なのでひとまずは自分の車の価格相場をチェックしておくと、ディーラーにもぼったくられず交渉できるのであとあと楽です。

>>スマホで撮るだけ、車が売れるDMMオート
※完全無料で即金額表示

査定金額は常に変わりますのでまずはいくらで売れるのかを今すぐ調べておきましょう。

 

【関連記事】

マツダ3に関する記事まとめ【随時更新】

 

【試乗】MAZDA3とBMアクセラ最終モデルの内装を実際に比較

-限定車

Copyright© 今さら今から今すぐに , 2020 All Rights Reserved.